ロッテ涌井 第2戦中継ぎ案 伊東監督「短期決戦は…」

[ 2015年10月9日 05:30 ]

キャッチボールで調整する涌井

 ロッテ・涌井を11日のCSファーストS第2戦でブルペン待機させるプランが浮上した。

 6日の楽天戦(コボスタ宮城)で10回まで137球を投げており、第2戦か第3戦での先発が検討されている。中5日で第3戦での先発が望ましいが、伊東監督は「短期決戦は負ければ終わり。初戦を落とした場合は涌井を(中継ぎで)待機させるかもしれない」と話した。先発の起用順について落合投手コーチは「涌井の(9日の)状態を見て決めたい」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月9日のニュース