阪神 ドラ1候補に駒大・今永をリストアップ

[ 2015年10月8日 09:24 ]

<中大・駒大>5回から登板した駒大・今永

 阪神が今秋ドラフト1位候補として、148キロ左腕の駒大・今永昇太投手(21)をリストアップしていることが7日、分かった。球団関係者は「今年は1位候補が少ない。球団内では今永君も1位候補に、という話をしています」と説明した。

 今永は左肩腱板炎のため、今春のリーグ戦には登板せず。今秋に復帰し、この日の中大2回戦(神宮)では2番手で登板し、4回2安打1失点。最速147キロの直球主体に6三振を奪った。まだ本来の出来に戻っておらず、一抹の不安は残るが、素材は一級品で数少ない即戦力候補。球団関係者は「故障箇所の状態など、しっかり調査していかないといけない」とも話した。

 6日にプロ志望届も提出済み。球団はドラフト直前まで情報を収集し、状態を見極める算段だ。県岐阜商・高橋純平、東海大相模・小笠原慎之介、明大・高山俊らとともに今永も1位候補として、動向を探っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月8日のニュース