巨人、奇跡の逆転V“残った” 阿部「まずは初戦勝つ」

[ 2015年9月30日 05:30 ]

キャッチボールで調整する巨人・マイコラス

 奇跡の逆転Vへ、望みは捨てない。首の皮一枚つながった巨人は、10・4ヤクルトとの最終決戦へ決意を新たにした。

 前夜の阪神戦(甲子園)から一夜明け、帰京した阿部は「2日間空くから、しっかり調整して横浜で2つ勝てるように。まずは初戦を勝てるように考える。それだけ」。10月1日から敵地でのDeNA2連戦は連勝しか考えていない。

 4番が一戦必勝を口にすれば、1日に先発予定のマイコラスは平常心を強調した。ジャイアンツ球場でキャッチボール、ダッシュなどで調整。チームトップの12勝を挙げている右腕は「チームの状況と自分の投球は関係ない」ときっぱり語り、これまで結果を出してきたスタイルを貫く。1勝すれば2位以上が確定するが、リーグ4連覇の可能性が完全に消滅するまで頂点を狙い続ける。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年9月30日のニュース