ロイヤルズ30年ぶり地区優勝 指揮官「これはファーストステップ」

[ 2015年9月26日 05:30 ]

<ロイヤルズ・マリナーズ>地区優勝を決め喜ぶロイヤルズナイン(AP)

ア・リーグ ロイヤルズ10-4マリナーズ

(9月24日 カンザスシティー)
 ロイヤルズがぶっちぎりで30年ぶりのア・リーグ中地区優勝を決めた。マジック2で迎えたマリナーズ戦中に2位ツインズが敗戦。10―4でマ軍を破ると、シャンパンファイトで喜びを爆発させた。

 6月8日に首位に立ってから一度も陥落せず、ここまで89勝63敗。今季両リーグ一番乗りで地区優勝を決めたネド・ヨースト監督は「ずっとこの地区で勝ちたいと思っていた」と喜びつつ、「これはファーストステップだ」と世界一に向けた決意をにじませた。

 昨季は青木(現ジャイアンツ)らを擁してワイルドカードゲームからワールドシリーズに進出したが、ジャイアンツに敗戦。青木が「若いチームが自信をつけた」と評するチームは、守護神ホランドの離脱も4番ホスマーを中心とする野手陣や安定感抜群の救援陣は健在。シーズン途中で補強した先発右腕クエトも加わり、30年ぶりの世界一へ突き進む。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月26日のニュース