オコエ、プロ表明!目標トリプル3へ「はい上がっていきたい」

[ 2015年9月16日 05:30 ]

「トリプルスリー」と記した色紙を手にガッツポーズするオコエ

 今秋ドラフト1位候補に挙がる関東第一のオコエ瑠偉外野手(3年)が15日、日本高野連にプロ志望届を提出し、千葉県内の同校野球部寮で会見した。12球団OKの姿勢を表明し、プロでの目標に3割30本30盗塁の「トリプルスリー」達成を掲げた。今夏甲子園で4強入りし、大会後には日本代表の一員としてU―18ワールドカップで準優勝に貢献したスピードスター。抜群の身体能力を生かし、将来はメジャー挑戦の夢も語った。

 テレビカメラ7台が並んだ野球部寮内の会見場。無数のフラッシュを浴びながら、オコエがマイクの前に座った。

 「監督さんや家族と相談して(プロ志望届を)提出した。日本の中で最も高いレベルのプロの世界で、がむしゃらに下からはい上がっていきたい」

 50メートル5秒96の俊足を生かし、この夏は数々のスーパープレーで観客を沸かせた。東東京大会決勝では中前打を二塁打とし、甲子園では一塁強襲の二塁打、左中間最深部の大飛球を好捕…。そして、日の丸を背負ったU―18ワールドカップではチームトップの4盗塁を記録し、投手強襲の二塁打を放ってスカウト陣の度肝を抜いた。プロでの目標について問われると「山田選手(ヤクルト)や柳田選手(ソフトバンク)のように、トリプルスリーを狙える選手になりたい」と目を輝かせた。

 日本球界では過去8人しか達成していない偉業。今季、山田と柳田の2人が達成をほぼ確実にしているが、爆発的なスピードと高校通算37本塁打のパワーを兼ね備えたオコエだけに、プロで成長を遂げれば、決して夢ではない。現在も寮に住み、後輩とともに汗を流す日々。「下半身や体幹とか、現役のときにやっていなかったトレーニングをやったりしている」と午後11時まで自主練習でストイックに追い込んでいる。

 高い身体能力を持ち伸びしろも十分な素材だけに、巨人、日本ハムなど、各球団は上位候補にリストアップしている。少年時代は西武のファンクラブに入会し、西武プリンスドームに何度も足を運んでいたが「プロの世界に行けるだけでありがたい。(希望球団が)どことか、特定することはない」と12球団OKの姿勢だ。

 壮大な目標はトリプルスリーだけではない。「プロでしっかり戦えて、自分の力があれば、メジャーに挑戦したい気持ちはある」とあらためてメジャーへの夢を口にした。無限の可能性を秘めるオコエが、10月22日のドラフトを楽しみに待つ。 (川島 毅洋)

 ◆オコエ 瑠偉(おこえ・るい)1997年(平9)7月21日、東京都東村山市生まれの18歳。小1から捕手として野球を始め、小6からジャイアンツジュニアに所属して外野手に転向。関東第一では2年春からベンチ入りし、今夏の甲子園では走攻守で活躍。4強入りに貢献し、U―18W杯日本代表に選出された。高校通算37本塁打。50メートル5秒96、遠投120メートル。1メートル83、86キロ。右投げ右打ち。父はナイジェリア出身。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月16日のニュース