大事な時期に…阪神・上本 涙の離脱 狩野に続き指揮官「痛い」

[ 2015年9月13日 08:05 ]

<神・広>試合前、目を潤ませながら鳥谷(右)と話をする上本

 阪神の上本博紀内野手(29)が12日、左太腿裏故障で出場選手登録を抹消された。

 和田監督は「きのう(11日)の試合(広島戦)で痛めた。誰が欠けても痛いのは痛い」と説明。9回裏の三ゴロで一塁へ走った際に痛めたとみられる。試合前練習に参加して打撃練習はした一方、守備練習は見合わせ、和田監督、平田ヘッドコーチとグラウンド上で話し合い。同ヘッドは「最短(10日間)で戻ってこられれば」と見通しを明かした。チーム内では代打の切り札だった狩野が10日の巨人戦で死球を受けて右手第5中手骨骨折で離脱したばかり。負傷者の早期復帰が待たれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月13日のニュース