PR:

ロッテ “東洋大コンビ”投打で立役者に 3位西武に2差

<ロ・オ>8回2死満塁、鈴木は右中間へ走者一掃の適時三塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ4-3オリックス

(9月11日 QVC)
 ロッテの「東洋大コンビ」が連敗を2で止める立役者になり、3位・西武とのゲーム差を2に縮めた。

 1―1の8回2死満塁から鈴木が右中間へ決勝の適時三塁打。藤岡は4カ月ぶりの先発復帰戦で6回1失点と好投した。11年のドラフトで藤岡は1位、鈴木は3位で入団。藤岡が「最低限の投球はできた。チームが勝てたことが一番」と話せば、鈴木は「大学から藤岡の後ろで守っているけど、球から気合を感じた。頑張って投げてくれたので何とか点を取りたかった」と振り返った。

[ 2015年9月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム