ソフト今宮、無死満塁で大谷KO打!「これ以上ないチャンスでした」

[ 2015年9月10日 21:56 ]

<日・ソ>9回、松田(左)とハイタッチする今宮

パ・リーグ ソフトバンク7―3日本ハム

(9月10日 札幌ドーム)
 ソフトバンクの今宮が日本ハム先発の大谷から決勝タイムリーを放ち、首位攻防戦3連勝へ導いた。
 
 3―3の6回、無死満塁で大谷のフォークを狙い撃ち。センター前へ運び2点を勝ち越した。「これ以上ないチャンスでした。何とかバットに当てようと思ってました」と殊勲の一打を振り返った。

 守備では8回2死二、三塁のピンチで近藤のヒット性の打球をダイビングキャッチ。ハムの反撃となる得点を許さなかった。「いいプレーができてよかった。守備でチームを助けたいと思っているので」と好守での貢献を喜んだ。

 チームは連勝を5に伸ばし今季最多の貯金44。優勝マジックは3日間で一気に6つ減らして「6」となった。「マジックをゼロにするまでは気を抜かずに、一日でも早く優勝できるように頑張りたい」と本拠地から遠い北海道まで応援に来てくれたファンに優勝を誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース