雄星 初の2桁に意欲、残り14戦あと2勝「無理な数字ではない」

[ 2015年9月10日 16:18 ]

初の2桁勝利へランニングで汗を流す西武・菊池

 西武の菊池が10日、プロ6年目で初の2桁勝利に意欲を見せた。10日現在18試合に登板し8勝8敗、防御率2・72。チームは今季残り14試合。左腕は「物理的に無理な数字ではない。チャンスが残る以上は目指すべき」と気合を入れた。

 13年には7月5日までに9勝を挙げたが、左肩の炎症で離脱し、2桁勝利を逃した。「2年前はいい状態のまま6月まで来たけど、そのあと投げられなかった。9月まで投げているのが大きい。10勝を目指せるのは幸せなことだと思う」とかみしめた。

 この日は西武プリンスドームでキャッチボールやランニングなどをこなし、約2時間汗を流した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース