阪神全勝&ヤ巨広全敗でM12点灯 過去に得失点収支マイナスのVなしも

[ 2015年9月10日 08:05 ]

セ・リーグ 阪神4-3巨人

(9月9日 甲子園)
 阪神は7月9日中日戦以来今季8度目のサヨナラ勝ち。試合のなかった2位ヤクルトとの差を1ゲームに広げた。阪神の優勝マジック最短点灯日は13日。この間、阪神が全勝、ヤクルト、巨人、広島が全敗で、ヤクルトを対象にM12が出る。

 今季の阪神はこの日のように1点差試合は21勝13敗(勝率.618)、2点差試合も19勝8敗(.704)と接戦で強さを発揮。半面、5点差以上の敗戦がリーグ最多の24試合もあり、総得点はリーグ最少の422点に対し総失点は同5位の493。得失点収支がマイナスで優勝は過去に例がないが今季の阪神はどうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース