牧田3回KO 5年目で初の10敗目「ゼロに抑えようと力んだ」

[ 2015年9月10日 05:30 ]

パ・リーグ 西武0-4オリックス

(9月9日 西武プリンス)
 西武の牧田が3回4安打4失点KO。5年目で初の2桁となる10敗目を喫した。前回3日のソフトバンク戦も本拠地で5回11安打10失点だった右腕は「ピンチでゼロに抑えようと力んだ」と4失点した3回を敗因に挙げた。

 チームは3位も残り試合数が少ないため、4位ロッテの結果次第で自力CS進出の可能性が消えてしまう苦境は続く。袴田ヘッド兼バッテリーコーチは「もう一回先発させるか、中(継ぎ)に戻すかを考える」とチーム事情で一時的に抑えを務めた牧田を、再び中継ぎに配置転換する可能性を示した。

 ▼西武・秋山(シーズン200安打まであと4も、2試合連続無安打)1番として仕事ができていないことが一番悔しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース