父はヤクルト投手コーチ!新潟明訓・高津、初先発6回無失点の好投

[ 2015年9月10日 05:30 ]

新潟県大会3回戦に公式戦初先発し、好投した高津

 秋季高校野球新潟県大会で、ヤクルト・高津投手コーチの長男、新潟明訓の高津大嗣(2年)が9日、新発田農との3回戦で公式戦初先発し、6回無失点と好投した。チームは8―0の7回コールドで16強進出を決め、勝利投手となった。

 父をほうふつさせる横手投げからスライダー、シンカーを駆使し、3回以外は走者を許しながらも要所を締めた。「緊張もなく雰囲気を楽しみながら投げることができた」。これでリリーフ登板だった初戦の新津工戦から12イニング無失点で「内容はあまり良くなかったが、結果的にゼロで抑えられたのは大きい」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース