守護神・山崎康に恵みの雨 中畑監督「あいつにとっては良かった」

[ 2015年9月10日 05:30 ]

セ・リーグ DeNA 雨天中止 ヤクルト

(9月9日 神宮)
 DeNAは3試合連続で雨天中止となった。試合がなかった7日も含めれば4日間も空いたことになり、中畑監督も「オールスター休みみたい」と苦笑い。ただ、チームにとっては「恵みの雨」を強調した。蓄積疲労で球に切れを欠いていた守護神・山崎康が休養を取れたのはプラス材料で「(間隔を)空ければ空けるほど良くなるんじゃないか。あいつにとっては良かったと思う」と話した。

 きょう10日のヤクルト戦(神宮)から8日間で5試合と直近の日程には余裕が生まれた。勝利の方程式を担っていたエレラが右肩痛で出場選手登録抹消となったが、先発の三嶋を救援に配置転換することを決定。負けられない戦いが続く中、「三嶋も実戦の中で抑えてくれたらね。岡島も良い状態」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月10日のニュース