広島・黒田、予定通り4日先発へ 右手打撲「大丈夫」

[ 2015年9月1日 20:24 ]

 8月29日のDeNA戦で右手に打球を受け、打撲と診断された広島の黒田が1日、チームに合流し、捕手を立たせて30球を放った。4日からのヤクルト3連戦(神宮)で先発する見通し。

 前日はキャッチボールなどを行わなかった右腕だが、投球練習後は「(痛みは)大丈夫。経過はいいと思う」と明るい表情。状態を確認した畝投手コーチも「(立ち投げでは)影響はほとんど見られない」と話した。

 ジョンソンが先発予定だったこの日の阪神戦(甲子園)は1回表の途中でノーゲーム。2日は予定通り前田が先発する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月1日のニュース