試合前の予言的中!レイズ外野手が本塁打を奪い取る「楽しいものだね」

[ 2015年9月1日 16:24 ]

レイズのケビン・キーアマイヤー外野手はジャンプして打球をキャッチする (AP)

ア・リーグ レイズ6―3オリオールズ

(8月31日 ボルティモア)
 レイズのケビン・キーアマイヤー外野手(25)が8月31日にボルティモアのオリオールパークで行われたオリオールズ戦で、ホームラン性の打球を見事にキャッチして見せた。

 初回のオリオールズの攻撃、先頭のマチャドはレイズの先発・アーチャーが投じた7球目のスライダーをとらえると、快音を残した打球はセンター後方へと一直線に向かった。

 誰もがマチャドの先頭打者ホームランを疑わなかったが、背走を続けるキーアマイヤーはウォーニングトラックでフェンスとの距離を確認。直後にジャンプ一番で伸ばした左手のグラブに打球を収めた。

 「タイミングよくジャンプしてキャッチできた。こういうプレーを決めるのは楽しいものだね」と、してやったりのキーアマイヤー。実はこの試合前のインタビューで「この球場はフェンスも低いし、チャンスがあればホームランを奪い取ってやるよ」とスーパープレーを予言していたのだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月1日のニュース