森下 12K完封「自分のテンポで投げることができた」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

<チェコ・日本>3安打12奪三振で7回を完封した森下

第27回WBSC U―18ワールドカップ・1次ラウンドA組 日本15―0チェコ

(8月31日 舞洲)
 メンバーで唯一、甲子園出場経験のない森下が、3安打12奪三振で7回を完封した。

 初回は1死二塁のピンチを招いたが「自分のテンポで投げることができた」とリズムに乗ると、最速は140キロを計測し、最後は2者連続三振でチェコ打線を仕留めた。甲子園で行われた8月26日の壮行試合・大学日本代表戦は1回を3安打3失点と自身初の聖地はほろ苦い結果に。「この調子で調整していきたい」と今度は聖地での快投を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月1日のニュース