上本 意地の一発!6点差の9回2死から次戦につなぐ2ラン

[ 2015年8月30日 08:10 ]

<神・ヤ>9回、上本は左越え2ランを放つ

セ・リーグ 阪神4-8ヤクルト

(8月29日 甲子園)
 チームとして無抵抗のまま終わるわけにはいかなかった。阪神・上本が意地の一発で、次戦へファイティングポーズを取った。

 2―8の9回2死二塁。フルカウントから徳山の直球を振り抜いた打球は左翼スタンドに着弾する4号2ランとなった。1点リードの8回に投手陣がヤクルト打線につかまって逆転を許す悪夢の展開。黒星を喫しても、選手会長が意地だけは見せた。

 「ホームランを打つバッターじゃないので、感触とかは分からない」

 試合後は、多くを語ることなく厳しい表情を崩さなかった。自身は左上前腸骨棘(こっきょく)亀裂骨折から26日に1軍復帰を果たし、大和と二塁のポジション争いを演じている。前日29日の2安打に続く快音は、定位置奪取にも大きなアピールになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月30日のニュース