ネイラー無安打投球から一転、4回だけで6失点 谷繁監督「セットになると…」

[ 2015年8月28日 21:59 ]

<巨・中>4回1死一、二塁、村田(後方)に3ランを浴びるネイラー

セ・リーグ 中日0―7巨人

(8月28日 東京D)
 中日は巨人に零封負けを喫し、連勝が4で止まった。

 谷繁兼任監督は、3回まで巨人打線を無安打に抑えながら4回に突然5安打と打ち込まれて6点を失いKOされた先発投手のネイラーについて「立ち上がりは良かったが、セットポジションになると力落ちるところがある」と初安打を浴びると3連打されて先制点を許し、村田の3ランなどで一挙6点を失った場面を悔やんだ。

 打線も巨人先発・高木勇に7回5安打に抑えられ、3投手の継投に零封負け。「攻め方があまりにも良くなかった。つながりが生まれなかった」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月28日のニュース