和田監督ぶ然「そんなの最低条件」 エンドランで空振り大和に矛先

[ 2015年8月28日 05:30 ]

<広・神>初回無死一塁、エンドランを仕掛けるも前田健のスライダーに空振りする大和

セ・リーグ 阪神0-2広島

(8月27日 マツダ)
 出足のつまずきが最後まで尾を引いた。初回無死一塁。つなぎ役を期待される阪神の2番大和が、痛恨のミスを犯してしまった。

 1ボール1ストライクからバントの構えを解きヒットエンドランを敢行したが、バットは外角低めのスライダーに空を切り、一塁走者・鳥谷は結果的に二盗失敗。大和は「何とかバットに当てないと」と悔やんだが、好機が一転、わずか1球で、難敵を立ち直らせることになった。

 終わってみれば零敗。その呼び水となった。和田監督も「(2番なら最低バットに当てないと、の問いに)そんなの最低条件。2番でも7番でも8番でもバットに当てないとダメ」と手厳しく言及。関川打撃コーチは「チャンスが少ない投手だから。走者が進められなかった。細かいことができないと。今度(9月1日からの3連戦)も同じ投手が来るわけだから同じようなことにならないように」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月28日のニュース