中日・杉山 25打席ぶり安打で大野援護「失点が僕の配球ミス」

[ 2015年8月28日 05:30 ]

<D・中>大野(左)に出迎えられる杉山

セ・リーグ 中日5-3DeNA

(8月27日 横浜)
 女房役を務めた中日・杉山がバットで大野を援護した。2点を追う6回、同点とし、なお1死二、三塁で長田から25打席ぶり安打となる決勝の左前2点適時打。

 8回1死三塁では中前適時打し貴重な追加点をたたき出した。「失点が僕の配球ミスだったんで何とか取り返したかった」。谷繁兼任監督が登録抹消されている中、勝負強い打撃も魅力の24歳がアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月28日のニュース