ハム浦野 中継ぎで復調気配 栗山監督「らしくなってきた」

[ 2015年8月28日 05:30 ]

<日・西>好投する浦野

パ・リーグ 日本ハム0-6西武

(8月27日 札幌D)
 日本ハムは打線が振るわず連勝は3でストップしたが、中継ぎに配置転換後の1軍初登板だった2年目・浦野の好投が光った。

 「先発以上に緊張した」。昨季7勝の右腕はここまで直球の大半が140キロ台前半と切れを欠いていたが、この日は最速146キロを計測するなど力のある球で押した。栗山監督は「らしくなってきた」と評価し、今後も中継ぎ起用を明言。28日から、ゲーム差が9.5に広がった首位・ソフトバンクとの3連戦(ヤフオクドーム)に浦野が加わった救援陣で臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月28日のニュース