“休養中”オリ森脇監督 退任へ SA就任

[ 2015年8月28日 05:30 ]

休養中のオリックス・森脇監督

 オリックスは27日、休養中の森脇浩司監督(55)が8月31日付で退任し、9月1日からシニアアドバイザー(SA)に就任すると発表した。任期は来年10月31日まで。

 同監督は球団を通じ「チーム、球団の発展にお役に立てるように精進してまいりたい」とコメント。瀬戸山隆三球団本部長は「球界でキャリアのある方なので、別の形で強化に携わってもらう。必要に応じてアドバイスをいただく」と説明した。森脇監督は今季は開幕から低迷し6月2日から休養していた。福良監督代行は現職にとどまり、今季終了まで指揮を執る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月28日のニュース