“中学時代の同僚”ハム市川 攻守で新垣援護 昨季巨人から移籍

[ 2015年8月20日 05:30 ]

<ロ・日>プロ初勝利の新垣(左)は市川から笑顔でウイニングボールを受け取る

パ・リーグ 日本ハム7-2ロッテ

(8月19日 QVC)
 新垣とバッテリーを組んだ日本ハム・市川がバットで援護した。4回に一時逆転の2点二塁打を放つと、同点の6回にも勝ち越しの右中間適時二塁打。

 「真っすぐに(的を)張ってホームランを狙うくらいの気持ちでした」。この日決勝進出を決めた東海大相模出身で昨季、巨人から移籍。中学時代は新垣と「相模原南シニア」で同じ投手としてプレーし、再び同僚となり「昔は僕の方がいい投手だった」と笑った。先発マスクをかぶっても3回に荻野の二盗を阻止。攻守にわたり活躍した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月20日のニュース