仙台育英・平沢 2戦連発3号「変化球を狙っていた」

[ 2015年8月20日 05:30 ]

<早実・仙台育英>4回、仙台育英・平沢は右越えに3ランを放つ

第97回全国高校野球選手権第13日・準決勝 仙台育英7―0早実

(8月19日 甲子園)
 仙台育英の3番・平沢が、2試合連続本塁打を放った。

 4―0の4回2死一、二塁から左腕・上條のスライダーを右中間席へ運び「変化球を狙っていた。手応えは良かったけど弾道が低かったので入るかなと思いながら走っていた」と振り返った。今大会は4安打中3本が本塁打。1大会3本塁打は宮城県勢初の快挙となったが「ヒットの延長がホームランだと思っている。(記録は)全く関係ない」と無関心を強調した。決勝に向け「100年の歴史の中で、新たな1ページを残したい」と力を込めた。

 ≪1大会最多本塁打は85年PL学園・清原の5本≫仙台育英・平沢が2試合連続の今大会3号。夏の1大会3本塁打以上は、今大会で九州国際大付・山本が3本塁打して以来24人目(25度目)。同じ大会で複数選手が記録したのは6度目。1大会最多本塁打は85年PL学園・清原の5本。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月20日のニュース