岩隈 ノーヒッターの次は日米通算150勝達成!7回2失点で5勝目

[ 2015年8月19日 11:51 ]

レンジャーズ戦に先発したマリナーズ・岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ3―2レンジャーズ

(8月18日 アーリントン)
 マリナーズの岩隈が18日(日本時間19日)、敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に先発し、7回で99球を投げて5安打2失点、1四球6三振の好投で今季5勝目(2敗)を挙げ、日米通算150勝を達成した。

 12日のオリオールズ戦で日本人2人目となるノーヒットノーランを達成してから中5日でマウンドに上がった岩隈。早くも3点の援護を得た初回、1死から2番・秋信守に右前打を打たれて2試合連続の快挙の夢は消えたが、フィルダーを空振り三振に仕留めるなど無失点で切り抜けた。

 続く2回、2死から7番オドールに外角低めの速球を捉えられ、中越えソロ本塁打で14イニングぶりの失点。しかしその後は3~5回で4三振を奪うなど三者凡退に仕留め、6回も2死からフィルダーに右前打を打たれたが、後続を中飛に打ち取って無失点で終えた。

 しかし7回、四球と中前打で1死一、三塁のピンチを招くと、ウィルソンに中犠飛を打たれて失点。3―2と1点差に迫られたが、後続を断ってこの回で降板。リリーフ陣が1点リードを守り切ってマリナーズが勝利をものにした。

 ▼岩隈の話 すごく暑かったし、前の登板の疲れもあるなと感じはしていた。制球を意識しながら、ここというところでしっかり腕を振った。(日米通算150勝に)これからも一つ一つ勝利を積み重ねていきたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月19日のニュース