PR:

オコエ守備も凄い!初回スーパーキャッチ 関東第一サヨナラ8強

<関東一・中京大中京>1回2死満塁、佐藤の中飛を追うオコエ

第97回全国高校野球選手権3回戦 関東第一1-0中京

(8月16日 甲子園)
 今秋ドラフト1位候補がスーパーキャッチで甲子園を沸かせた。3回戦4試合が行われ、関東第一(東東京)のオコエ瑠偉(るい)外野手(3年)が、中京大中京(愛知)戦の初回2死満塁で左中間への大飛球を背走しながら好捕。先制点を許さず、0―0の9回に長嶋亮磨外野手(3年)が左越えにサヨナラ本塁打を放った。5年ぶりの8強入り。17日の準々決勝では興南(沖縄)と対戦する。

 初回2死満塁。いきなり迎えた絶体絶命のピンチで、左中間最深部に大飛球が飛んだ。前進守備を敷いていた中堅手のオコエは全速力で背走した。50メートル5秒96の快足。間に合った。グラブの先でキャッチした。帽子は吹っ飛び、勢い余ってフェンスにぶつかった。

 「ギリギリのタイミングで手を伸ばして捕れた。相手投手が良く、簡単に点が取れないと。守りで援護できてよかった」。満員の4万7000人が沸き返り、ベンチに戻ってくる際には、関東第一の一塁側スタンドのファンからスタンディングオベーションで出迎えられた。抜ければ3点を先制された窮地を救い、0―0の投手戦の末のサヨナラ勝ちに導いた。

 洞察力が好捕につながった。2人目の走者を生還させないため、オコエは定位置よりも約3メートル前を守っていたが、右打者の佐藤が打つ直前に左翼方向へ2歩動きだしていた。「(打者が)打つ前に投手が投げたコースとかを見て少しステップした」。左腕・阿部の投球は真ん中低めのチェンジアップ。左中間に打球が飛び、予測は的中した。「視力検査では2・0までしか測れない。2・0は見える。(中堅から)キャッチャーの表情が見える」。視力の良さも生かし、バッテリーの配球や打者の動きを見て打球方向を予測している。

 ネット裏のプロのスカウトも驚いた。現役時代にオリックスでイチロー(現マーリンズ)、阪神で新庄剛志とともに外野を守った阪神の平塚克洋スカウトは「今のプロ野球選手でもなかなかできない。新庄やイチローより上じゃないかな。メジャー級だよ。少し前に守っていたけど、足に自信があるからこそ」と絶賛した。打撃では好投手の上野に3打席まで無安打。それでも8回の第4打席で魅せた。三遊間のゴロで快足を飛ばし、一塁へのヘッドスライディングで内野安打にした。

 道具へのこだわりも強い。今春から使用するオーダーメードのグラブは捕りやすいように中指部分に人さし指を出す穴がある。ソフトボールを挟んで保管し、ポケットを広くした。足のサイズは30センチでスパイクも特注品。靴ひもではなく、マジックテープで留めるタイプがお気に入りで「ひもだと足のむくみで形が変わったりする。まあ、カッコいいからっていうのもあるけど」と笑った。

 17日の準々決勝は興南と対戦。「守備も打撃も強気でいきたい」。高校野球100年の節目の大会。想像を超えるプレーで再び甲子園を沸かせる。(渡辺 剛太)

 ▼中京大中京・佐藤(初回2死満塁で大飛球をオコエに好捕され)完全に抜けたと思ったけど捕られた。あれが抜けていれば流れを持ってこられたし、攻撃にも勢いが付いていたと思う。大きなプレーだった。

[ 2015年8月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム