打率1割男が…鶴岡東・黒川 甲子園で人生初アーチ「まさか入るとは」

[ 2015年8月11日 11:12 ]

<鳥取城北・鶴岡東>2回表鶴岡東1死、黒川が左翼ポール際に先制本塁打を放つ。捕手高見
Photo By スポニチ

第97回全国高校野球選手権大会2回戦 鶴岡東9―6鳥取城北

(8月11日 甲子園)
 山形大会で打率1割台と不振だった鶴岡東の7番黒川が、2回に先制ソロを左翼ポール際へ放った。本塁打は野球人生で初めてといい、一塁を回るまでは全力疾走。「まさか入るとは思わなかった。びっくりした」と興奮気味に話した。

 中学までは大阪で過ごし、甲子園出場を夢見て鶴岡東に進学した。子どもの頃、夏休みに父親に連れてきてもらった憧れの舞台でダイヤモンドを一周し「うれしかった」と満面に笑みを浮かべた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月11日のニュース