過去4度優勝の強豪 長曽根ストロングス11安打13点大勝

[ 2015年8月11日 05:30 ]

高円宮賜杯第35回全日本学童軟式野球第4日・準々決勝 長曽根ストロングス13-1根差部ベースナイン

(8月10日 大田)
 過去4度優勝の強豪・長曽根ストロングス(大阪)が、11安打で大量13点を奪って大勝した。

 1番・長野(6年)が2安打4打点。7番の木谷(5年)は右越え2ランを含む2安打4打点と、2人で8打点を挙げて打線をけん引した。「いいところで打てた」と長野が言えば、木谷も「公式戦でホームランは初めて。打った瞬間に行った!と思った」と笑顔。投げても2人で1失点リレーと投打で活躍した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月11日のニュース