青木、今度は頭部死球 苦笑い「さすがに3回目はない」

[ 2015年8月11日 05:30 ]

<ジャイアンツ・カブス>3回、頭部に死球を受ける青木

ナ・リーグ ジャイアンツ2-0カブス

(8月9日 シカゴ)
 ジャイアンツの青木が頭部に死球を受け、負傷交代した。3回、右腕アリエッタの92マイル(約148キロ)のカットボールが右側頭部付近を直撃。その場で倒れ込んだが、自ら立ち上がりベンチへ。代走が送られて退いた。

 試合後は「当たった瞬間は、少し気持ち悪くなった。頭痛はあるが、問題はない」と話したが、大事を取って10日(日本時間11日)に検査を受ける予定。6月20日に死球で右腓骨(ひこつ)を骨折。7月27日に復帰したばかりで「さすがに3回目はないと思っています」と苦笑いだった。(石井孝尚通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月11日のニュース