2667試合ぶり2戦連続零敗…ヤ軍指揮官「乗り越えるしかない」

[ 2015年8月11日 05:30 ]

ア・リーグ ヤンキース0-2ブルージェイズ

(8月9日 ニューヨーク)
 ヤンキース打線は2戦連続の零敗。99年5月12、13日のエンゼルス戦以来2667試合ぶりで、10年カージナルスの2369試合ぶりを上回る大リーグ最長ブランクとなった。

 このブ軍3連戦で計1得点。初戦の3回以降26イニング連続無得点で、球団では91年5月の32イニング連続無得点以来となる長さだ。4日までは10試合計90得点と猛打を振るっていた。ジョー・ジラルディ監督は「乗り越えるしかない」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年8月11日のニュース