藤井学園寒川 序盤8失点響く…先輩ココリコ遠藤に勝利贈れず

[ 2015年8月11日 05:30 ]

健大高崎に敗れ、引き揚げる藤井学園寒川ナイン

第97回全国高校野球選手権第5日・1回戦  藤井学園寒川4-10高崎健康福祉大高崎

(8月10日 甲子園)
 藤井学園寒川(香川)は序盤の大量8失点が響き88年以来27大会ぶりに四国勢が初戦で全滅した。夏1勝はお預けになった。警戒していた健大高崎の走塁も7盗塁を決められ、エース高田は「相手が上だった。力負けです。四国勢最後だったので勝ちたかった」と悔し涙を流した。

 野球部OBのお笑いコンビ・ココリコの遠藤章造は仕事のため応援できなかったが、スポーツ飲料などの差し入れがあったといい、期待に応える春夏甲子園初勝利はならなかった。

 ≪四国勢27年ぶり初戦で全滅≫藤井学園寒川が敗れ、四国勢4校は全て初戦敗退。四国勢4校がそろって初戦で敗れるのは1県1代表となった78年以降では88年以来、27年ぶり2度目。香川・坂出商が0―3で大垣商に、高知商が2―3で愛工大名電に、徳島・池田が2―3で浜松商に、愛媛・松山商が1―10で拓大紅陵に敗れた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年8月11日のニュース