ヤク首位浮上!山中無傷5連勝、打点トップ畠山V打 阪神は3位転落

[ 2015年8月2日 21:16 ]

<神・ヤ>力投するヤクルト先発の山中
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト5―0阪神

(8月2日 甲子園)
 ヤクルトが山中の好投で阪神に連勝。ゲーム差なしの巨人を勝率で3毛上回り、首位に浮上した。

 サブマリン右腕が猛虎打線を手玉に取った。初回、不運な安打も絡んで2死満塁のピンチを招いたが、今成を中飛に打ち取り無失点で乗り切ると、浮き上がる直球で凡打の山を築いた。7回を5安打無失点で今季、無傷の5戦5勝とした。

 打線は7回1死二塁で畠山の左前適時打で先制。続く雄平の右中間への適時三塁打でこの回、2点を先制した。畠山は8回にも2打点でこの日、3打点。リーグトップ独走の75打点と、2位の同僚・山田に11差を付けた。

 甲子園で連敗の阪神は3位に転落。次のカードから1カ月近く甲子園を離れる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2015年8月2日のニュース