安達 千金サヨナラ打「反応で打ちました」

[ 2015年7月31日 23:12 ]

<オ・楽>11回、1死二塁、サヨナラ二塁打を放った安達は伊藤(左)に抱きつかれ破顔一笑

パ・リーグ オリックス4―3楽天

(7月31日 京セラD)
 オリックスが延長11回1死二塁から安達の右中間安打でサヨナラ勝ち。

 プロ初のサヨナラ打で4時間49分の熱戦に終止符を打ったヒーローの安達は「うれしいです、本当に、その一言だけです」と興奮さめやらぬ様子。「後ろのバッターが糸井さんだったので、何とかつないでいこうと思っていた。球種頭に?それが…ないんです。反応で打ちました」と顔を上気させた。

 2連勝で5位・楽天とのゲーム差を1に縮めた。福良監督代行も安達の打球は「よかったです。本当に。何とか越えてくれ、という気持ちで見ていました。一戦一戦勝つだけ。あしたも必ず勝ちます」と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年7月31日のニュース