DeNA4連敗でストップ マエケンは2回KO…

[ 2015年7月31日 21:30 ]

<D・広>4回2死一塁、ロペスは2ランを放つ

セ・リーグ DeNA10―4広島

(7月31日 横浜)
 DeNAが広島の追い上げを振り切って10―4で乱打戦を制し、連敗を4で止めた。

 DeNAは初回に乙坂、梶谷、ロペスと3本の二塁打を集中するなどして一挙4点を入れ、2回にも2点を加えて広島のエース前田を2回でKO。4回にはロペスの左越え16号2ランで8―1と7点をリードした。

 広島は5回、単打5本を集めて3点を返し、勝利投手の権利を目前にしたDeNA先発・井納を4回1/3でKO。4点差に追い上げて試合は終盤へ突入した。

 だが、DeNAは7回、宮崎の適時打と代打・嶺井の押し出し死球で2点を加え、最後は小刻みな投手継投で逃げ切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月31日のニュース