菅野 8回零封 勝ち星逃してもチーム勝利に笑顔

[ 2015年7月31日 05:30 ]

<巨・D>お立ち台で笑顔の巨人・鈴木(左)と菅野

セ・リーグ 巨人2-1DeNA

(7月30日 京セラD)
 巨人・菅野の好投が3連勝を呼び込んだ。今季4度目の中5日登板で、8回を散発4安打無失点。8回1死一、二塁では筒香のタイミングを外す120キロのカーブで、狙い通りの遊ゴロ併殺打に仕留めた。

 9回に救援陣が同点に追いつかれ、勝ち星は逃したが、役目を十分に果たした。本調子ではないものの要所を締める投球に「今までやってきたことを出せた。リーグ戦が終わったときに、あの1勝は大きかったとなると思う」とチームの勝利に笑顔だった。

 ▼巨人・高橋由(0―0の8回1死満塁で代打出場し、左犠飛)なんとか1点を、と思っていた。

 ▼巨人・山口(9回2死一、三塁で沢村に代わって登板も、ボテボテの遊ゴロ内野安打で同点とされる)ヒットになって(菅野)智之の勝ちを消してしまい申し訳ないです。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年7月31日のニュース