ヤク山田 母校の恩師が観戦 1安打1盗塁

[ 2015年7月31日 05:30 ]

試合前、球場を訪れた履正社・岡田監督(左)と談笑するヤクルト・山田

セ・リーグ ヤクルト4-5広島

(7月30日 神宮)
 ヤクルト・山田が母校・履正社の岡田龍生監督(54)が観戦した試合で1安打1盗塁。初回無死二、三塁では三ゴロで先制点を挙げ、3回先頭で迎えた第2打席は左前打の後、今季20個目となる二塁盗塁も決めた。

 それでも「全然(プレー内容は)良いとは思っていない」と山田。昨年12月に母校グラウンドを訪れた際「2年目が大事。3割、30本、30盗塁を目指して頑張れ」と激励したという岡田監督も「故障せず、何かタイトルを獲ってほしい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年7月31日のニュース