2千万円超の野球カード盗まれる 米コメディアン宅が被害

[ 2015年7月28日 15:58 ]

グラウンド上のメジャーリーグ公式球 (AP)

 米複数メディアは27日、カリフォルニア州にあるコメディアンのロブ・シュナイダー(51)の自宅に空き巣が入り、貴重なベースボールカード数枚が盗まれたことを伝えた。

 シュナイダーは24日の事件当時、仕事でカナダに滞在中で家族も外食していたため、自宅は留守となっていた。婚約指輪などの装飾品のほか、数枚のベースボールカードも被害に遭い、その中には17万5千ドル(約2100万円)ほどの価値があるとされるウィリー・メイズのルーキーカードも含まれているという。

 51年に製作されたこのカードは数が少なく、非常に珍しいものとのこと。シュナイダー宅へ空き巣に入ったことがすぐにわかってしまうため、「犯人がカードを売ることは極めて困難であろう」と業者は語る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月28日のニュース