西武などで活躍、大塚光二氏が東北福祉大監督に就任

[ 2015年7月28日 06:30 ]

大塚光二氏

 仙台六大学野球リーグの東北福祉大は27日、元日本ハムコーチの大塚光二氏(47)が野球部の新監督に就任したと発表した。

 同大OBで4年時は主将。89年ドラフト3位入団の西武で12年間プレーした。13~14年には日本ハムで外野守備走塁コーチなどを務め、今年4月に母校の特任講師に就任していた。

 新監督は秋のリーグ戦へ向けて「全員が優勝の方向に向かって秋のリーグ戦を戦っていく。みんなとタッグを組んで日本一という目標に向かっていきたい」と決意表明。山路哲生前監督(49)は総監督となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月28日のニュース