仙台育英快勝も…エース佐藤世、1死も取れず降板、指揮官も首かしげ

[ 2015年7月20日 16:48 ]

<仙台育英・石巻>初回に悔しそうにマウンドを降りる仙台育英・佐藤世(右)

第97回全国高校野球宮城大会準決勝 仙台育英11―5石巻

(7月20日 コボスタ宮城)
 仙台育英が春夏連続甲子園に王手をかけたが、プロ注目のエース・佐藤世は5―0の初回無死満塁で押し出し死球を与え、1アウトも取れずに降板した。18日の準決勝も2回6安打2失点と精彩を欠いていた。

 佐々木順一朗監督は「試合前に(佐藤)世那を立ち直らせようと言っていたけど、初回で崩壊した。1アウトも取れないのはびっくり。何か足りないものがあるんだろう」と首をかしげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月20日のニュース