清宮 4の4で3打点!3試合で打率7割7打点!早実サヨナラで8強

[ 2015年7月20日 12:40 ]

<西東京大会 早実・都日野>初回2死、早実・清宮が二塁から三塁へ向かい三塁打とする

第97回全国高校野球選手権西東京大会5回戦 早実9―8都日野

(7月20日 八王子市民)
 1年生で早稲田実の「3番・一塁」に座る清宮幸太郎内野手が20日、第97回全国高校野球選手権西東京大会5回戦、都日野戦に出場。4打数4安打3打点と大活躍した。試合は早実が9―8でサヨナラ勝ち。2年ぶりの8強に進出した。

 初回、2死で第1打席を迎え右中間三塁打を放ち、1―1の3回、2打席目は1死二塁で右前適時打を打った。5回の3打席目にも中前打を放ち、夏の大会3試合目にして初の1試合3安打を記録した。

 7回の第4打席は1死二、三塁で中犠飛、8回の6―6、1死一、二塁の場面では中越え適時二塁打でチームに勝ち越し点をもたらした。

 3回戦で3打数1安打1打点、4回戦で3打数2安打3打点の清宮は3試合で10打数7安打7打点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月20日のニュース