ロッテ クルーズに来季残留要請へ「なかなかいない」

[ 2015年7月20日 07:50 ]

ロッテのクルーズ

 ロッテが、ルイス・クルーズ内野手(31)に来季も残留を要請する方針であることが19日、分かった。球団は高い守備力と日本野球への順応性を高く評価。シーズン終了後に契約延長のオファーを出し、具体的な条件面の交渉に入る。

 来日2年目の今季はここまで78試合に出場し、打率・278、14本塁打、54打点と打線の中軸を担い、球宴にも監督推薦で初選出された。球団幹部が「二遊間が守れて打てる助っ人はなかなかいない。卓越した守備の技術はもちろん、打撃も勝負強さがある。来季もうちのユニホームを着てほしいという希望を持っている」と明かした。クルーズもロッテに強い愛着を持っており、残留が決まればチームにとって来季も大きな戦力になる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年7月20日のニュース