仙台育英 平沢V打!春夏連続へ苦しみながらも4強進出

[ 2015年7月19日 05:30 ]

<仙台三・仙台育英>4回1死一、二塁で勝ち越しの中前適時打を放つ仙台育英・平沢

第97回全国高校野球選手権宮城大会準々決勝 仙台育英9―2仙台三

(7月18日 コボスタ宮城)
 春夏連続の甲子園を狙う仙台育英が苦しみながらも7回コールド勝ちを収め、4強に駒を進めた。初回に2点を奪われたが、同点の4回1死一、二塁でプロ注目の3番・平沢が中前適時打を放ち勝ち越し。この回一挙5点で勝負を決定づけた。平沢は「真っすぐを狙ってしっかり打てて良かった」。6月上旬の東北大会で右足小指を骨折したが、完全復活した。

 一方、今秋ドラフト候補の先発・佐藤世は昨秋痛めた右肘に不安を抱え、2回6安打2失点で降板。それでも、3回から救援した百目木(どめき)が5イニングを無安打無失点に抑えた。背番号10は「(佐藤)世那だけに頼らずに自分が行くという気持ちだった」と話した。佐々木順一朗監督は逆転勝利に「ヒヤヒヤしたなんてもんじゃなかった。百目木が落ち着いて投げてくれた」と安どした。(渡辺 剛太)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月19日のニュース