帝京・中道2発!1年生に4番を譲るも意地「勝ったので満足」

[ 2015年7月18日 05:30 ]

<都足立西・帝京>2本塁打を放った帝京・中道

第97回全国高校野球選手権東東京大会3回戦 帝京9―2都足立西

(7月17日 神宮)
 第97回全国高校野球選手権大会(8月6日から15日間、甲子園)の地方大会は17日、13大会で103試合が行われた。東東京大会では4年ぶりの甲子園出場を狙う帝京が都足立西を9―2で下し4回戦進出。今秋ドラフト候補の中道大波(ひろなみ)内野手(3年)が2本塁打を放った。また、成立学園の4番・藤谷耕平内野手(3年)も立教池袋戦で2本塁打をマークした。18日は41大会で331試合がある。

 プロ注目の帝京・中道が初戦から実力を見せつけた。4―0の3回先頭で、観衆の度肝を抜くバックスクリーン弾。さらに、5点差で迎えた7回2死一塁でも左翼席中段に運ぶ高校通算34号を放ち、試合を決めた。「思いきり来た球を振ってやろうと思った。チームが勝てばいい。勝ったので満足している」と主将らしい言葉を並べた。

 今春の東京都大会は4試合でわずか2安打と振るわなかった。最後の夏を前に「もう一度しっかり体をいじめて自分を追い込んでいこう」と決意。練習から午後9時に帰宅すると、毎日自宅前の公園でガムシャラに1時間以上バットを振り続けた。

 この日は4番を1年生の岡崎に譲り、5番を打った。大会直前の練習試合で4番を打った背番号13を大舞台で抜てきした前田三夫監督は「いい刺激剤がほしかった」と明かす。中道は「4番でいきたい」という悔しさを胸にしまい、1年生の後ろの打順で2本塁打3打点をマーク。指揮官は「吹っ切れたものがあるでしょう。ホッとしている」と目を細めた。

 チームは4年ぶりの聖地へ向けて7回コールド発進。歴代3位タイの甲子園通算51勝を誇る前田監督は「まだ始まったばかりだよ」と長い夏を見据えた。ナインにも浮かれた様子はない。中道は「気を抜かず、帰って練習します」と足早に神宮球場を後にした。 (渡辺 剛太)

 ◆中道 大波(なかみち・ひろなみ)1997年(平9)4月28日、東京都江東区生まれの18歳。小学4年時に「ビッグフォージュニア」で野球を始め、大島西中時代は硬式野球の「江東ライオンズ」で外野手としてプレー。帝京では1年秋から内野手でレギュラー。1メートル85、87キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月18日のニュース