東海大高輪台・深沢12K完封 “ご近所ダービー”を制した

[ 2015年7月11日 05:30 ]

<高輪・東海大高輪台>完封勝利の東海大高輪台・深沢

第97回全国高校野球選手権東東京大会1回戦 東海大高輪台7―0高輪

(7月10日)
 東海大高輪台は1メートル84のエース左腕・深沢が4安打完封の好投で初戦を突破した。

 最速142キロの直球にフォークを交えて12奪三振。「雨で調整が難しかったけど淡々と投げられた。冬の体づくりが生きた」。相手の高輪までは300メートルの距離で、お互いの校舎が見えるという“ご近所ダービー”を制して笑顔を見せた。東海大系列では唯一甲子園未出場だけに「今年こそは甲子園に行く」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年7月11日のニュース