西武・秋山 球団最多タイ23戦連続安打「通過点に」

[ 2015年7月3日 05:30 ]

<ソ・西>8回1死、左前打を放つ秋山

パ・リーグ 西武3-4ソフトバンク

(7月2日 ヤフオクD)
 西武の秋山が8回に左前打を放ち、86年の石毛宏典、99年の松井稼(現楽天)が持つ23試合連続安打の球団記録に並んだ。

 「偉大な先輩方に並ぶことができたのは光栄。塁に出ることが仕事なので通過点にしないと」と表情を引き締めた。初回、3回の打席は凡退し、6回の第3打席は犠打。最後の打席で、バンデンハークの151キロ直球をはじき返したが「個人のためにやっているわけではないので」と謙虚だった。

 ≪プロ野球記録は33試合≫秋山(西)が6月3日の中日戦から23試合連続安打。86年石毛、99年松井稼(現楽天)が持つ球団記録に並んだ。期間中成績は99打数46安打、打率・465。安打は試合数のちょうど2倍と量産している。なお、連続試合安打のリーグ記録は71年長池(阪急)の32試合、プロ野球記録は79年高橋慶(広)の33試合。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月3日のニュース