能見 背信今季最短5失点KO…両リーグワースト8敗目

[ 2015年7月3日 05:30 ]

<ヤ・神>2回1死、能見(左)はデニングに先制ソロを打たれる

セ・リーグ 阪神1-10ヤクルト

(7月2日 神宮)
 阪神が神宮では4年ぶりとなる同一カード3連戦3連敗を喫し、勝率5割に逆戻り。勝ち数の差で首位の座を対戦相手のヤクルトに奪われた和田監督は「踏ん張りどころ。またゼロから出直す」と話した。

 先発の能見が期待を裏切った。10安打5失点。今季最短4回0/3でKOされ「粘り強く投げられなかった」と振り返った。両リーグワーストの8敗目となった左腕に、中西投手コーチも「5回は投げてもらわんとな」と手厳しかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月3日のニュース