9回2死まで無安打投球!イ軍カラスコ「もう少しだったけどね」

[ 2015年7月3日 05:30 ]

<レイズ・インディアンス>9回2死まで無安打投球のカラスコ(AP)

ア・リーグ インディアンス8―1レイズ

(7月1日 セントピーターズバーグ)
 インディアンスの右腕カラスコが9回2死まで無安打投球も、四死球で招いた一、三塁のピンチでバトラーに2ストライクからの124球目を中前適時打された。

 チームでは81年のバーカー(完全試合)以来34年ぶりの無安打無得点試合を逃し、直後に交代したが、13奪三振で自身初の10勝目。「もう少しだったけどね」と笑顔だった。7回1死までは完全投球。四球で初めて出した走者もバトラーだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月3日のニュース