【富山展望】2強がけん引

[ 2015年7月3日 05:30 ]

 第97回全国高校野球選手権大会(8月6日から15日間、甲子園)は2日、北北海道、南北海道大会で計21試合が行われた。富山大会は組み合わせが決まった。

 富山商、富山第一の2校が中心になる。春の県大会を制した富山商は左腕・広原と右腕・渡辺ら投手陣の安定感が際立つ。13年代表校の富山第一は打線が強力だ。高岡商、新湊、砺波工なども圏内。強打者・漁がいる魚津工も逆転を狙う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月3日のニュース