ソフトバンク 五十嵐が“マウンド周辺を歩き回る”理由

[ 2015年6月29日 17:25 ]

試合前、トークショーを行ったソフトバンク・五十嵐

 ソフトバンクの五十嵐が29日、西武戦(東京ドーム)の試合前に特設ステージでトークイベントを行った。「鷹の祭典2015」初戦のこの日は「熱男レボリューションイエロー」と呼ばれる黄色ユニホームで登場。約300人の女性ファンから黄色い声援を浴びていた。

 セットアッパーを務める右腕は、打者を打ち取った後にマウンド付近をゆっくり歩き回る理由を明かした。「僕、ずっとマウンドにいられないんですよね…」と照れ笑い。「最近歩いていると松田が“もっと大きく回れ”って言ってくる。去年からずっと“五十嵐さんは回った方がいいから”って。三振とった後、松田を見てください」と話し、笑いを誘った。

 今季は28日現在、25試合23回1/3を投げ、1勝0敗17ホールド、防御率0.77と好調をキープ。「そのうち打たれるんじゃないかな」と冗談めかしたが、首位独走の立役者だ。この日が今季折り返し地点の72試合目。36歳は「いまのところ疲れはない。夏から後半にかけて疲れがたまったところが勝負」と後半戦を見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月29日のニュース