雄星1球に泣く…「ホームランだけは打たれてはいけない場面」

[ 2015年6月29日 05:30 ]

<西・日>7回2死、石川慎に本塁打を打たれガックリの菊池

パ・リーグ 西武0―2日本ハム

(6月28日 西武プリンスD)
 自身4連勝中だった西武の菊池が1球に泣いた。6回まで2安打と完璧だったが、0―0の7回2死から石川慎にカーブを右中間席に運ばれ、両膝に手をついた。「もう少し低く投げていれば…。ど真ん中に投げれば、ああなる。ホームランだけは打たれてはいけない場面だった」と唇をかんだ。

 この日は最速152キロの直球で押し2回は中田が腰を引くほど内角に投げ込み見逃し三振。7回もオール直球で3球三振を奪った。課題の四球も1つに抑え、8回3安打1失点だっただけに「長打1本で試合が決まってしまったのが残念」と悔やんだ。

 ▼西武・秋山(初回に右前打し、連続試合安打を20に伸ばすも、この1安打のみ。6回無死二塁から犠打失敗)バントです。きょうはバント(のミス)がすべてです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月29日のニュース